会えない時にはZoomやLINEを使って、オンラインで話をしよう!

会えない時にはZoomやLINEを使って、オンラインで話をしよう!

敬老の日が近づいてきて、おじいちゃん・おばあちゃんに会いたいけど、新型コロナウィルスや住んでいる場所の距離が妨げになって会えないという人向けに、オンラインで会う方法を説明します。「高齢者にZoomなんてできるの?」という疑問を解決するマニュアルも紹介します。

会いに行けない時はオンラインで

新型コロナウィルスの影響で人と会う機会が少なくなっている今日この頃、特に高齢者に会いに行くのは勇気がいることです。おじいちゃん・おばあちゃんに会いたいけど、いろいろな制約のために気軽に会えないという場合は、オンラインで会うことをおすすめします。

オンラインで会うって、どうやって?

ビジネスシーンで一気に広まりを見せたオンラインコミュニケーションですが、実は仕事以外の部分でも、とても便利なものです。はじめは抵抗があるかもしれませんが、やってみると思っていた以上にコミュニケーションがとれて、楽しく盛り上がれます。

今では会議も、飲み会も、バーチャル世界旅行もできるオンラインの世界。おじいちゃん・おばあちゃんとの1対1のコミュニケーションにも問題なく活用することができます。今回は具体的な方法として「LINE」と「Zoom」を紹介します。

いつものLINEでやってみる

多くの人がチャット・電話のツールとして使用しているLINEは、ビデオ通話ツールも可能です。使用方法は簡単で、ビデオ通話したい相手とのチャットで、ビデオ通話のアイコンをタップするだけでスタートします。

LINEの良いところは、多くの人がすでに使用しているアプリを使って、ボタン1つで通話が開始できるところ。また、両者が同時にしゃべることができるので、会話が盛り上がりやすいという点も特徴です。

一方難点としては、多くの人が使う時間帯では電波が乱れる場合があります。

Zoomを使ってみる

最近流行りのZoomはビデオ通話用のツールなので、通信が安定していることがウリです。多くの企業がオンラインミーティング用のツールとして導入していることを考えると、その信頼性は高いでしょう。

しかし、Zoomは専用のアプリをダウンロードし、どちらか一方がミーティングルームを用意する必要があります。この操作に慣れるという点がおじいちゃん・おばあちゃん、あるいは家族にとってハードルとなる場合もあるでしょう。

また、同時に複数名がしゃべれないという仕様があり、一問一答になりがちという難点もあります。慣れれば簡単で便利なツールですが、事前に使い方をマスターしなければなりません。

高齢者にもできる、Zoomマニュアルを紹介!

ビジネスシーンで広まったこともあり、Zoomの使用方法は検索すればすぐに情報がヒットします。

Zoomはミーティングルームを用意する側がちゃんと準備をすれば、他の参加者はラクに使用できるものです。家族のなかで興味がある、スマホやPCの操作に慣れているという人にマスターしてもらいましょう。

また、Zoomには有料アカウントもありますが、1対1のビデオ通話なら無料で問題ありません。アカウント登録を行い、気軽にスタートしましょう。

おじいちゃん・おばあちゃんでも使えるの?

最近はアクティブシニアという言葉もあるように、元気なおじいちゃん・おばあちゃんや、新しいツールを使いこなす高齢者が増えてきています。

そのような高齢者を後押しするような活動をしている団体に、一般社団法人アイオーシニアズジャパンがあります。

同法人は「全てのシニアをインターネットに繋ぐ」という理念を掲げ、シニアがインターネットを通じて、世代を越え、地域を越え、業界を越えて繋がり、活力ある新しい高齢化社会を構築することを目指しています。

今回は同法人が高齢者向けに作成したZoomマニュアルを紹介します。画像に沿って操作をすれば、簡単にZoomをスタートできることから、高齢者だけではなく、だれもが参考にできる・参考にしたいマニュアルだと思います。

■シニアによるシニアのためのZoom手引書

<出典>
https://seniors.or.jp/2020/06/21/1340/

まとめ

今回は新型コロナウィルスの心配もあり、なかなか人に会えない中、おじいちゃん・おばあちゃんとオンラインで会う方法を紹介しました。オンラインでなら、遠く離れた場所に住む家族とも、気軽に話をすることができます。

敬老の日を期にオンラインツールの使い方を習得し、おじいちゃん・おばあちゃんをはじめ、大切な人といつでも会えるようになってみてはいかがでしょうか。